サービスを活用する

タワーマンションのサービスのいろいろな利用

消費税増税の影響で住宅市場は停滞感が覆っています。戸建てや郊外のマンションの売れ行きは芳しくありません。しかしながら都心のタワーマンションの売れ行きは好調です。このタワーマンションの購入層は実需もありますが、海外の富裕層による投資も増加しています。東京オリンピック・パラリンピックの湯地が決まって、今後の値上がりを見込んだ投資活動です。タワーマンションでは様々なサービスが導入されています。眺望の良い高層部分には住民だけが利用できるラウンジを備えているケースが多くなっています。住民の関係者が泊まることのできるゲストルームも通常は高層部に用意されています。一階にはコンシェルジュサービスを置いている場合が多くなっています。

湾岸の物件では花火が楽しめる

東京ではタワーマンションが多くなってきているため、立地によってはブラインドが生じて視界が遮られることがあります。購入する部屋を決める時には眺望のことをシミュレーションして購入すべきです。特に湾岸のタワーマンションでは夏には花火が楽しめますので、よく見える部屋を確保すべきです。関係者を招待するのであれば花火の時にゲストルームを確保しておいてラウンジで眺めるのは最高の楽しみです。多分住人の多くの人が同じことを考えていると思いますので予約は早めに行わなければなりません。コンシェルジュに相談をしておけば適切なアドバイスがもらえます。もし予約が混んでいる場合でも自分の部屋からも十分楽しめる可能性がありますから、友人や親せきを呼べば喜んでもらえます。