不動産の売却期間

不動産の売却価格を気になる方も多いでしょうが、価格も大切ですが実際に売却するとなるといつ売れるかが鍵になります。いくら資産的価値があっても売れなければ意味がありません。売却希望期間も大切です。

Read More

不動産の価値の流れ

新築物件の価格も中古物件の価格も徐々にですがあ帰りつつあるのが今の現状です。全体でも穏やかに上昇を続けていて、売却を考えている方にとっては好都合でしょう。しかし全てに場所で上がっているわけではありません。

Read More

サービスを活用する

タワーマンションのサービスには色々なものがあります。中でもラウンジが設置されていたり、ゲストルームがあったりと、活用するべき点が多く存在します。タワーマンションを選ぶには立地も考えるべきです。

Read More

住宅の価値観

一戸建てはよく重合住宅と比べられます。どちらがいいのかは住む人によって変わるためどちらがいいという正解はありません。ただし、のびのび暮らせる点で言えば一戸建ての方がメリットがあるでしょう。

Read More

個性的な佇まい

高度経済成長期頃に生まれたデザイナーズマンションは特殊な物件と言ってもいいでしょう。その個性的な佇まいから未だに一定のニーズがあり、多くの方が求めている現状があります。費用は高めになります。

Read More

不動産価格の2極化

局地的に値上がりが始まっています

景気回復の影響もあり不動産価格が上昇してきています。しかし、全エリアにおいて万遍なく上昇しているというよりも、都市部など局地的に上昇しています。一方、郊外は未だに不動産価格が下がっているところもあります。これは人口が減少していく中で、人が都市部へ回帰しているからです。人が集まるところは商業施設が新たに開業されたり、交通網が整備されたりしてますます利便性が高ります。そしてこの利便性を求めて、さらに人が集まってきているのです。この不動産価格の2極化は今後も続くものと考えられます。もしも、郊外に不動産を保有しているようであれば、早いうちに売却をして都市部の投資物件に乗り換えておくのも良いでしょう。また、売却資金で別の投資商品に投資をするという選択肢もあります。

人口が不動産価格を左右します

数十年前までは人口が増加する傾向にあったために、住宅を建てるための土地が足りなくなり、住宅地が郊外へと広がっていきました。都市部の物件は盛んに売買が繰り返されて、過熱気味になっていた時もあります。この頃には、将来の売却益を見越して、青田買いする投資家も多く、これがさらに不動産価格を押し上げていたのです。しかし、投資をするための不動産購入資金を調達できなくなると、今度は返済に追われ、手持ち不動産を損が出ても売却しなければならない状況に追い込まれ、破綻をする人も少なからずいました。今は過熱しているという状況まではなっていませんが、今後、何らかの出来事がきっかけで不動産価格が1年のうちに急上昇することも考えられます。